管理と運営
 マンションを買うとき細かい間取りや施設などをよく調べ、購入後も丹念に部屋を掃除していつも快適に過ごせるよう気を配ります。ところが、共用部分となるとたいていの人が専有部分ほどの関心を払わないようです。
 しかし、共用部分に囲まれているのがマンションの生活であり、専有部分がどんなに豪華なインテリアで飾られていても共用部分に問題が生じれば、往々にして大切な専有部分の価値までも下がってしまうのです。快適で安心できるマンション生活を送るためには、専有部分だけでなく共用部分に対しても、みんなが協力して維持・管理していくことが大切です。
管理組合とは
 専有部分は各区分所有者の財産です。これに対して区分所有者全員の財産である共用部分の管理は、区分所有者全員が協力して行わなければなりません。区分所有者の意思をまとめて管理を行い、マンションの資産価値を維持していくための組織を「管理組合」といいます。区分所有法によると、管理組合は区分所有関係が生じると自動的に成立し、区分所有者となった人はその意思にかかわらず管理組合員となります。区分所有者は、組合員になることを拒否したり脱会したりすることはできません。
総会
 管理組合の重要な事項の討議・決定は「総会」で行われます。総会は、管理組合員である区分所有全員の最高意思決定機関で、国政でいえば国会にあたるものです。定期総会は通常年1回開催され、必要に応じて臨時総会が招集されます。組合員はそれぞれ議決権を持って、決議に参加します。マンション=皆さんの国をより良い状態に維持していくために、管理組合活動に進んで参加する必要があります。
前へ
次へ

おすすめコンテンツ