長期修繕計画と修繕積立金
 マンションは長い年月を経るうちに設備や建物の各所で劣化が進行します。長期間修繕を行わず放置すれば、日常生活に支障をきたすばかりか、思わぬ事故を招きかねません。こうした経年劣化による損傷やアクシデントを防ぐには、長期修繕計画を策定し、定期的な点検と計画的な修繕をしていくことが望まれます。区分所有者全員がこうした保全意識を持って修繕計画から改修工事まで積極的に参加することが、マンションライフの快適性と安全性を維持し、資産価値を守ることにつながります。
修繕サイクルにあわせて実施
 長期修繕計画書とは、マンションの資産価値を維持するための計画的に行う修繕工事を検討した計画書です。
 建物や設備にはそれぞれの耐用年数があり、修繕サイクルに応じて的確な手入れを行うことが生活基盤の維持に
 は欠かせません。
image
前へ
次へ

おすすめコンテンツ