連載簡単&スッキリ!おうちピカピカお掃除術

1回 バスルーム編

梅雨に発生しやすい水アカには
“酢水”が効果的!

バスルームは、体の汚れを落とすと同時に一日の疲れを癒す大切な空間です。常に清潔で、気持ちよく使えるようにしておきたい場所ですが、一方で湿気が多く水アカやカビが発生しやすい場所でもあります。とくに湿度の高い梅雨から夏の時期にかけては注意が必要です。

水アカやカビの発生を防ぐために最も大切なのは、水気を残さないこと。入浴後、床にたまった水気を足で排水口に流したり、ドアのふちをタオルで拭くようにしたりするなど、水気をなくすちょっとしたひと手間が、水アカやカビの発生を防ぐことにつながります。また、湿った空気を停滞させないためにも、換気扇のスイッチは常にオンにしておくこと。これらを習慣化することが、汚れのない気持ちのよいバスルームにつながります。

それでもふと気付くと汚れが……ということはありますよね。今回オススメするのは、水アカを落とす便利アイテム”酢水“です。酢水は、水アカやカルキを除去してくれるうえ、長時間つけ置きをしても素材を傷めない優れもの。酢と水を4対6くらいの割合で混ぜたものを、スプレーボトルに入れて汚れに吹きかけたり、桶にためて汚れの気になる小物をつけ置きしたりすることで、簡単にバスルームの水アカ汚れを除去することができます。

髙橋 ゆきさん

株式会社ベアーズ取締役副社長 家事研究家

髙橋 ゆきさん

キッズからシニアまであらゆる世代の暮らしの向上を研究し、家事のスペシャリストとしてテレビ・雑誌などで幅広く活躍中。

1.桶やイスの洗い方

浴槽のお湯が温かいうちにお風呂用洗剤を入れ、桶、イスなどをつけ置きします。このとき、洗剤を喫水線(お湯をはったときの水位のライン)に沿って吹きつけると、浴槽の汚れも落ちやすくなります。
つけ置きした桶やイスを洗い流して、全体にキッチンペーパーを巻き、酢水を吹きかけます。その上からラップを巻き付け、20〜30分後にシャワーで流します。

2.シャワーヘッドの洗い方

桶に酢水を入れ、1時間くらい置いておくと汚れが取れます。