マンションライフに自然の息吹を

 その便利さや快適さを求めて、人は少しずつ都市空間の中で暮らしはじめ、私たちが毎日を過ごすマンションライフが定着してきました。しかし同時に、野菜やお米など自然の産物を食して生きる「人」として、そこには大地や自然へ回帰しようとする気持ちもあるはずです。
 そんな今、感度の高い人々を中心に「大地にふれる時間を持とう」というムーヴメントが大きな潮流になりはじめています。それは、快適な生活を送りつつも、人にとって大切なものを再発見し、慈しもうという動き。例えばマンションに暮らしながらも週末には農作業を楽しみ、自分が育てた作物を味わう満足感を家族や友人と共有するというライフスタイルです。
 もちろんその楽しみ方は人それぞれ。菜園を借りて大地に取り組む本格的な農園活動から、子どもに豊かな大地を体感させる休日の過ごし方、またマンションに居ながらにして自然を楽しめるイベントなどまで多種多彩です。けれど、どれにも共通するのは、柔らかな土にふれる実感と、全身で自然に包まれる満足感。そこにはきっと大きな喜びと笑顔があふれているはずです。
 マンションライフの中に自然の息吹を取り入れることをご提案する東急コミュニティーは、今回、気軽に自然に親しんでいただける3つの事例をご紹介します。
 あなたもご家族やお仲間と一緒に、土と自然にふれあうマンションライフを始めてみませんか。

case1[千葉県]アグリライフ倶楽部
プロのサポートで「週末農業」!
自然とのふれあいと収穫の喜びを。

東京湾アクアライン、館山自動車道経由で東京・都心から約1時間。千葉県君津市の田園の中にある「アグリライフ倶楽部カズサ愛彩ガーデンファーム」。総面積6、000坪以上の広さを持つ、このファームには、週末になると、「農作業を楽しみたい」「安心・安全な野菜を自分でつくって食べたい」「子どもたちに自然教育の場をつくってあげたい」など、いろいろな目的を持った数多くの会員が集まってきます。

この「アグリライフ倶楽部カズサ愛彩ガーデンファーム」では、5坪、10坪、15坪の各区画の「体験農園」を運営。ジャガイモ、サツマイモ、エダマメ、ナス、トマト、ピーマン、キャベツ、ハクサイなどなど、プロの農家によるサポートを受けながら、種まきから収穫までの農業体験を楽しむことができます。また、季節に合わせて、イチゴ狩り、田植え、ジャムづくりなどいろいろなイベントにも参加することができます。

東急コミュニティーは、このカズサ愛彩ガーデンファームを運営するアグリライフ倶楽部と提携。当社が管理するマンションにお住まいの皆さまに「体験農園」のご紹介や「イベント」のご案内をしています。

アグリライフ倶楽部



アグリライフ倶楽部

マンションを離れて週末農業を楽しみませんか!私たちがサポートします。

カズサ愛彩ガーデンファームは2007年にオープンして以来、週末に自然にふれたい、農業を楽しみたい、食育のために子どもに収穫体験をさせてあげたい・・・。そんな方々がたくさん集まっています。このファームの最大の特長は、私たちインストラクターがフルサポートして農園を管理していること。あなたも気軽に、安心して食べられる安全な野菜づくりを楽しんでいただけます。ぜひいらっしゃってください。

アグリライフ倶楽部カズサ愛彩ガーデンファーム ファーム長
須藤 久雄さん

アグリライフ倶楽部カズサ愛彩ガーデンファームファーム長 須藤 久雄さん

体験農園トライアルイベント(夏野菜収穫体)

↑ページの先頭へ

おすすめコンテンツ