節電 & ECO LIFE 今年の夏はecoを楽しむ

この夏も、やっぱり気になる節電・省エネ。今年はむしろ積極的にエコを楽しみませんか。

先人の知恵に学び、楽しむ日本の夏

先人の知恵に学び、楽しむ日本の夏

 昔の日本人は、高温多湿な日本の夏を涼しく過ごす生活の知恵をたくさん伝えてきました。伝統的な日本家屋はそんな工夫によって作られ、「家は夏を基本とすべし」という言葉も残されているほど。特に注目すべきなのはその間取りと自然素材の活用です。

 暑い昼下がり、縁側にそよぐ涼風を『極楽の余り風』などと呼び、むしろ夏の涼を楽しんで過ごした先人たち…。住まいの構造や環境こそ違え、その知恵には今の私たちも学ぶことが多いのではないでしょうか。

↑ページの先頭へ

直射日光を遮って影をつくり、室内には「風の道」を

 南側に面した窓からの強い直射日光をシャットアウトすること。そして室内に風の通り道を作り、空気を循環させること。この2つは夏の暑さ対策の基本中の基本。

 昔ながらの「スダレ」は、強い日差しを遮るとともに、そのすき間から風をしっかり通すことができる優れもの。カーテンにはこの役目は荷が重いはず。「スダレはちょっと」という場合はブラインドを使ってみましょう。

 次のポイントは、こうして確保した窓からの風を、室内にしっかりと通してあげること。住まい全体を俯瞰して南側以外の窓やドアを開けましょう。こうすることで住まいの中に「風の道」ができあがります。もちろん部屋の間のドアなどでこの道を遮らないようにご注意を。

↑ページの先頭へ

水を使って、もうひと「涼」

 水を使って「涼」を呼ぶアイディアも昔から使われてきました。今すぐ活用できるのが、たっぷりの水に浮かべたスイカや夏野菜。室内に水をおいておくだけでも室温低下につながりますし、目にも涼しげ。しかも冷蔵庫を使わないため省エネにもつながると、まさにいいことずくめです。

↑ページの先頭へ

ちょっとした我慢で見直す暮らし

ちょっとした我慢で見直す暮らし

 私たちの生活環境とその設備は、ひと昔前に比べると飛躍的に便利で快適になっています。

 例えば電気ポットや炊飯ジャー。いつでも温かいご飯やお茶が用意され、私たちに快適さをもたらしてくれますが、その一方でこれらは「電気を余分に使用して余計な熱を発生させている」家電品でもあるのです。

 生活のワンシーンだけを見れば間違いなく便利なことでも、それをいくつも積み重ねることで、私たちは余分な電気を使い、結果的にムダな暑さをも生み出してしまっています。

 ひとつひとつの「過剰な便利」をちょっとだけ我慢することが、実はエコライフをもたらすのかもしれませんね。

ECO LIFE ADVANCE

お部屋の片隅にちょっとしたグリーンを飾れば、それだけで目にも涼しげな演出に。またグリーンの涼感に加えて、火照った体を冷やす効果もある生野菜のサラダなどを食卓に彩れば、その効果も倍増です。

↑ページの先頭へ

皆さまのお宅では、エアコン清掃はお済みですか

 夏の節電と暑さ対策の最大のカギはエアコンです。エアコンの内部には実は気づかないうちに大量のホコリがたまったり、カビやダニが発生したりしています。このカビやホコリは、エアコンの冷房機能を著しく低下させる大きな要因。日頃のフィルター洗浄や交換に加えてもうひと手間。本格的な暑さがやってくる前に、内部の清掃も行っておきましょう。

 ご家庭でカンタンに使用できる各種のエアコン洗浄スプレーが市販されていますし、専門業者に依頼してより本格的な洗浄を行えば、その効果も飛躍的にアップ。

 冷房機能を向上させるとともに、節電効果も高いエアコン洗浄。本格的な夏を迎える前にぜひ済ませておきたいですね。

家庭内で見直したい室温低下&節電ポイント

本格的な夏がくる前におすすめします! エアコンクリーニング 省エネ・節電効果も期待できます!

↑ページの先頭へ

おすすめコンテンツ