連載建診ドクターに聞く!マンションを元気に保つ管理のコツ。

2

防災訓練に参加して、
消防設備を知っておこう!

マンションの“かかりつけ医”である建診ドクター。ドクターの業務は共用部の診断・判定・報告・提案まで多岐にわたります。今回は、皆さんの関心が高まっている「消防用設備・防災訓練」について紹介します。

消防用設備とは、マンションに設置してある消火器や火災報知設備、消火活動に使われる連結送水管などのことです。火災時の重要な設備であるため、法律で有資格者による年2回の法定点検が義務付けられています。建診ドクターはこの法定点検の結果を踏まえ劣化状況等の判定を行い、管理組合に対し現状の報告・改善提案を行っています。

皆さんはお住まいのマンションにある消防用設備の種類・設置箇所・使用方法をご存じでしょうか?火災発生時に重要な設備でありながら、意外と知らない方が多いと思います。また、消防用設備だけでなく、停電時の水の利用や震災時の備蓄品等を知っておくと、いざというときに取るべき行動も違ってくるはずです。

建診ドクターはマンションの設備を適切にご利用いただくため、居住者に向けた啓蒙活動にも取り組んでいます。例えば、消防用設備を使用した防災訓練などは自分のマンションを知るチャンスです。正しい知識を持つことで、マンション全体の防災の意識をさらに高めることができます。

ぜひ訓練等に積極的に参加していただき、情報収集をして、ご自身の家族構成や生活スタイルにあった備えをしてほしいと思います。

《ワンポイント・アドバイス》

実は、地震による火災の過半数は電気が原因と言われています。これは停電後に電気が復旧した際、災害で破損したコードなどから漏電し、火災が起こってしまうというもの。これを防いでくれるのが「感震ブレーカー」です。設定値以上の揺れで自動的にブレーカーを落としてくれるため、復電後の通電火災を防ぐことができます。

建診ドクターとは…
東急コミュニティーが提供する維持保全管理サービス「建診力」。そこで、マンションのかかりつけ医として、建物の状態をチェックし、それぞれにあった健康維持、治療方法を考える技術員。年に1度、診断結果を「カルテ」にすることで、利用者により分かりやすいサービス提供を目指す。