さむ~い冬。事故を防いで安心&
健康になれる入浴法

寒い冬こそ、温かいお風呂でリラックス。
1日の疲れを取り除きたいものです。
特集では、お風呂で多発する事故を防いで、
安心&より健康になれる入浴法をご紹介します。

温かいお風呂は、心も体もほぐしてくれる癒しの時間ですよね。
東急コミュニティーが行ったアンケートでも「毎日入浴する」という方は
全体の7割近くと、入浴が毎日の習慣になっていることが分かりました。
しかし、実は入浴中の事故で亡くなる方は年間1万人以上もいることをご存知でしたか?
今回は、医学的な観点から事故を防ぎつつ、健康効果がアップする入浴法をご紹介します。

お風呂に毎日入る人ほど長生きする!?​

日本人はお風呂好きと言われます。世界のどこの国を見ても、日本のように毎日湯船に浸かる国はありません。海外ではシャワーですませる国が多く、湯船に浸かる入浴は温泉療法のような治療としての意味合いが強いようです。実際、日本温泉気候物理医学会が行った調査によると「毎日お風呂に入る人は入らない人にくらべて、約1.85倍要介護になりにくい」というデータがあり、入浴が健康に良い影響を及ぼすことが分かっています。

入浴で得られる健康効果の一つが「温熱効果」です。体が温まることで全身の血管が広がり、血流が促進されます。血流が促進されると、栄養分や酸素が全身に行き渡りやすくなり、体内の老廃物や疲労物質も排出されやすくなるため、疲れが取れやすくなります。

また、お風呂の中では浮力によって体重が10分の1程度になるので、筋肉や関節にかかる負担が軽減され、リラックスした状態になれます。ほかにも水圧によるむくみの解消や、体が温まることで毛穴が開き皮膚の汚れが落ちやすくなるなど、様々な効果が期待できます。これらはすべて「温かいお風呂に浸かる」ことで得られるもの。時間がないとついシャワーですませてしまいがちですが、一日に一度は湯船に浸かると、健康維持にも役立つといえます。

お風呂で亡くなる方は年間1万9000人!

健康に良いとされる入浴ですが、実は入浴中に亡くなる方は溺死以外の死因も含めると年間約1万9000人(厚生労働省研究班発表)。その数は交通事故死の4倍以上で、大半が気温の低い冬場に発生しています。その理由は「ヒートショック」と言われる急激な温度差による体への悪影響。急激な温度変化で血圧が大きく変動し、失神や心筋梗塞、脳卒中などを起こすことがあります。また、東急コミュニティーが行ったお風呂に関するアンケートでも入浴中に「滑る」、「眠ってしまう」などの体験をしたことがある人は8割以上と、事故につながる危険が潜んでいることが分かります。安心で快適なバスタイムを楽しむために、入浴時には次のようなことを心がけるようにしてください。

早坂信哉さん

温泉療法専門医 医学博士

早坂 信哉さん

東京都市大学人間科学部教授、日本健康開発財団温泉医科学研究所所長。温泉療法の専門医で生活習慣としての入浴を医学的に研究する第一人者。著書『たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法』(KADOKAWA)。

事故を防ぐ冬場の入浴法

温度差をなくす

ヒートショックが発生する危険度が高いのが脱衣所。リビングと脱衣所の温度差が5度以上あると、急激な血圧の上昇につながりますので、入浴前には脱衣所を温めておくと安心です。マンションではお風呂場とリビングが近いケースも多いので、扉を開けて温かい空気が脱衣所まで回るようにするのもオススメです。

入浴前には必ずかけ湯を

湯船に入る前には必ずかけ湯をして体を慣らしてから入浴しましょう。桶で10杯ほど、手や足の先から体の中心部へとかけます。同様のことをシャワーで行ってもOKです。

お風呂の温度は40度程度

冬はお風呂の温度も高くなりがちですが、あまり温度が高いと交感神経が刺激され血圧の上昇につながります。40度程度の熱すぎないお湯が最適です。

浴槽から急に立ち上がらない

湯船から出ると水圧がなくなり、血圧が急激に下がるため、立ちくらみのような症状になることがあります。足元がふらついて転倒することもあるので、浴槽からでるときはゆっくりと立ち上がるようにしましょう。

お風呂でもっと健康になる!

5つのポイント

ここでは、より健康効果を高めてくれる入浴法を紹介します。

  • point 01

    疲れが取れるのは
    熱めのお湯よりぬるめのお湯!

    疲れが取れやすいのは38~40度程度のぬるめのお湯です。42度以上になると、交感神経が優位になり興奮状態になります。ぬるめのお湯は体の疲れやダメージを回復させる副交感神経が優位になり、リラックスしやすくなり、疲労回復を助けてくれます。

  • point 02

    健康のためには
    半身浴より全身浴

    女性を中心に大人気の半身浴ですが、実は浮力や水圧、温熱効果なども「半分」になってしまいます。つまり、半身浴20分と全身浴10分の効果はほぼ同じ。心臓や肺に持病がある、のぼせやすいなど、健康に問題がある場合を除いて全身浴をオススメします。

  • point 03

    寝る90分前に入浴すると
    安眠効果が高まります

    入浴によって上がった体温が下がることで、眠りにつきやすくなると言われています。入浴後、体温が下がるのにかかる時間はおよそ90分。安眠のためには、寝る90分前に入浴するのが最適です。

  • point 04

    入浴前に緑茶を飲むと
    カテキンの吸収率がアップ!

    入浴ではおよそ800mlの水分が奪われるので、入浴前にもコップ1~2杯程度(400ml)の水分を補給しておきましょう。水やお茶などがオススメです。ある調査では入浴前に緑茶を飲むと、カテキンの吸収率が7倍アップしたという実験データもあります。

  • point 05

    入浴中の歯磨きで
    歯周病の予防効果が高まる!?

    体が温まると唾液の分泌が活発になるほか、入浴中に時間をかけてしっかり歯磨きをすることで雑菌が減り、歯周病の予防効果が高まるともいえます。

さらにここからは、入浴の効果を利用して体の不調や悩みを緩和する「目的別」の入浴法をご紹介します。
下記の入浴時間は連続してお湯に浸かる時間ではなく、トータルの入浴時間です。
熱かったら途中で一旦浴槽から出るようにしましょう。

  • 肩こり

    40度 10分

    肩こりの人は、ややぬるめの40度のお湯に10分間じっくりと浸かりましょう。大切なのは、肩までしっかりと湯船に浸かること。そうすることで血行が促進され、凝り固まった筋肉もゆるみます。肩まで浸かったら首を回すなどの運動をするとより筋肉がほぐれます。ややぬるめのお湯が、自律神経の中の「副交感神経」に働きかけ、心身のリラックス効果を生み出します。

  • 冷え性

    40度 15分

    体を温める入浴は、冷え対策には最適です。より効果を高めるポイントは、温まった感覚をしっかり実感すること。入浴法は40度のお湯に15分間が基本ですが、冷えがひどいとこれでは十分温まったと感じられない人もいます。その場合は42~43度で追い焚きをする、または足し湯をすると、温まった満足感があり、これが冷え改善につながります。

  • 便秘

    38~40度 15~20分

    便秘の原因は食生活や自律神経の乱れなど様々ですが、毎日の入浴は自律神経を整え便秘に効果があるとされています。38~40度のお湯に15~20分ゆっくり浸かり、お腹を腸の動きに沿って優しく「の」の字を書くようにマッサージすることで、胃や腸に血流がいき、消化活動が活発になります。また、精神的なストレスによる便秘も、ぬるめのお湯が副交感神経に働きかけ、腸の動きを促してくれることで、改善されると言われています。

  • ダイエット

    40度 15分(食前)

    入浴によるカロリー消費は15分で10~20Kcalと、それほど高くはありません。しかし、食前に40度のお湯に15分間浸かると、入浴によって体の表面に血液がまわる分、一時的に胃や腸の働きが抑えられ食欲も抑えられます。「小腹が空いて何か食べたい」と思った時に入浴すると、余分な間食を防ぐことができます。

  • 高血圧

    38~40度 15分

    血圧が高い人は38~40度のぬるめのお湯に浸かると血管が広がり、血圧を低くする効果があります。入浴後8時間も血圧が下がる効果がある、という研究結果もあります。ただし、暖かい部屋から寒い脱衣所へ移動、その後お風呂場でいきなり熱いお湯を浴びる……というのは、血圧を急激に上下させる可能性があるので避けてください。脱衣所を保温しておくなどの対策をしましょう。

(参考:たった1℃が体を変える ほんとうに健康になる入浴法(KADOKAWA))

使ってみたい!

お風呂グッズ

お風呂ソムリエの松永武さんに、バスタイムを安心快適に過ごすための
オススメグッズをセレクトしてもらいました!

バスリエ株式会社代表取締役

松永 武さん

  • 快適

    ダルトン マグネティック ソープホルダーDULTON

    常に石鹸を吊るしているため、水分で石鹸がぐちゃっとすることがありません。お掃除も楽ちん!

  • 安心

    ホットマット「サーモスクエア」同色2枚
    リモコン付きセットTHERMO SQUARE Japan

    湯上りの脱衣所は意外と寒いので、足元の冷えを防いでヒートショック対策を。

  • 快適

    ツボ押し「コリネットリンプ」NAGAE+(ナガエプリュス)

    熱伝導の高いアルミ製なので、お風呂で温まった体の熱を利用してマッサージができます。

  • 安心

    国産 エプソムソルト アクアマリンバスリエ株式会社

    肌に不必要な残留塩素を中和しつつ、温浴効果もアップ。塩分は含まれておらず、ミネラル成分のみの入浴剤です。
    ※本商品は塩ではなくミネラルの結晶のため、追い焚き、残り湯洗濯にも使用できます。

  • 安心

    人感センサー付 壁掛け式
    脱衣所専用ヒーター ポカポカ暖ヒートスリーアップ株式会社

    ヒートショックの原因となる脱衣所と浴室の温度差をなくすために考えられたヒーターです。

  • 快適

    「カラリ」シリーズ・腰かけ
    20H&30H・湯おけ・手おけ株式会社リッチェル

    クリアカラーがおしゃれで使いやすい「カラリ」は家族の楽しいバスタイムにピッタリ。水切りもよく清潔です。

※こちらでご紹介したグッズのいくつかを抽選でプレゼントします。プレゼントをご覧ください。

東急コミュニティーの“選べるすまいとくらしのサービス”

  • [ハウスクリーニング]

    お家の中にも各種クリーニングを。

    すまいとくらしの専用デスク

    0120-420-109

    受付時間:24時間〈年中無休〉

    [提供エリア] 全国

    ※一部地域ではご利用いただけない場合があります。

    [提供] 全国5社

  • [風呂釜追焚き配管クリーニング]

    キレイなお風呂で家族みんなで安心。

    住宅サービス

    0120-65-5678

    受付時間:平日/9:00〜18:00

    [提供エリア] 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、奈良県、和歌山県、大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、福岡県 ※一部地域ではご利用いただけない場合があります。

    ※お問合せの際は「東急コミュニティーのマンション居住者」とお伝えください。

    [提供] 株式会社住宅サービス